iPhone修理のプロが教えるダメな使い方①(ためになるお話)かも

iPhoneユーザーの方に私の気になる(使い方)事を勝手に伝えたいと思います

スマートドクター神戸北店にはAppleの製品

iPhoneiPadにiPodなどの故障や動作不良のトラブルにデータのバックアップなど、様々なご依頼やご相談にお答えしています

その中で、修理以外にとても大切な事!

そう!iPhoneの正しい使い方や賢い使い方

古くなって機種変前に「ちょっと待った』の理由などを、お客様の目線と立場になって説明したいと思います

えっへん!!

その前に、文字が小さい見難い・この情報は知ってるとゆう方は少し優しく見守りながら最後までおつきあいくださいね

 

このブログを読んでいる方のほとんどがPhoneユーザーだと思いますが今回お伝えすることは

iPhoneだけに限らずiPadやiPod、Android携帯・スマホにPSPやDSなどのゲーム機にも言えることなのです

iPhoneじゃないから関係ないと決めつけないで、読んでね✌️

 

だらだらとならない為にいくつかの項目にわけてスタートします

 

 水によるトラブル(生活編)

 2cb64e1c

iPhoneやスマートフォンは精密機械である事を再度確認していただきたいのです

過去にさかのぼるとパソコンで行っていたネット検索やメールのやり取り、お仕事の資料の作成等々・・・

すごく便利な機能満載の精密機械です

パソコンを小さくコンパクトに持ち運び片手で気軽に使用できる優れもの

ここで!このような精密機械を乱暴に使ってはいませんか?

 

(前置き)防水機能のついたスマートフォンの方は例外といたします


 

トイレ編

 

まず最も多い水没理由のナンバーワンは

『トイレに落下』しかも女性ばかり

トイレ水没の被害は減る傾向には無いようです、その原因となるパターンが決まって同じ理由である事が判明!!

 

頭の中でイメージしながら読んでくださいね

パターン①

用を足すためトイレに向かい、閉じている便座に手をかけフタを開ける(このときスマホや携帯を手に持っている)

誤って、手から滑り落ちたiPhoneやスマホは便器の水面に落下

やっちゃいましたね・・・・ぽちゃ〜ん

images-2

パターン②

女性のスカート姿は最近減ってきたように思うのは私だけでしょうか??

デニムやパンツの方の多くがやってしまう事に水没への行動が読み取れます『なんだ?」

デニムやパンツの後ろポケットなんです

よく見かける光景です(決してお尻ばかり見ている訳ではないです)

トイレに入る、便座に座る前に必ずパンツやデニムを下ろしますよね〜『ここです」

うっかり後ろポケットに入ったまま座ろうとした瞬間

iPhoneやスマホは便座の中にダイブ

やっちゃいましたね⤵️気持ちも急降下します


番外編(男性にもある)

images-3男性も注意ですよ

こちらのスタンドタイプに落として発射された方いるんですよ

(気分よく酔ってらっしゃったとか・・)

鼻歌なんてしながら

iPhoneに向かって  シャーって  泣きますよ

 

 

例をあげさせていただきましたが、実際にあった事例(アンケート結果)に基づく事なんです


 

さてさて、次は

お風呂編

 

images-5 images-4

iPhoneやスマートフォンは精密機械である事を再度確認していただきたいのです(2回目)

iPhoneやスマホに水は最も苦手な大敵と言っても過言ではないでしょう

 

ジップロックに入れながら、お風呂でSNSや音楽に動画・読書など使い方は人それぞれ

 

ここにも恐ろしい落とし穴が待っているのです(ジップロックのあき)

常に確認しましょう!!

防水機能Bluetoothスピーカを使って音楽楽しむ

iPhoneやiPod専用の防水機能のついたケース等を使いながら楽しむ

 

基本的に大事な事は防水機能が付いていない電子機器は

湿気や湯気に温度差が原因で水没と同等の症状が出てくる場合が確認されています

 

 

 

実際にある事例

倉庫でのフォークリフト作業をされているお客様が来店された時のお話です

 

普段は港付近にある倉庫で作業をされているのですが、冷凍や冷蔵室の出入りもあり

夏場や気温の高い季節は非常に温度差で汗をかいたりするみたいです

実際に外は湿度が高く気温も高い、冷凍室は乾燥して気温はマイナスの場合も

 

そんな環境の中でiPhoneを胸ポケットに入れながら作業をしているとのこと。

調子が悪いので診て欲しいと依頼をうけました。

早速、動作確認からiPhoneの内部点検

すぐに確認できたのが水没による点検シールの変化でした

images-6  (通常は↗︎のマーク部分は白色です)

 

お客様に「水没されていますね」と訪ねると「一度も水に濡れたりした事が無い』と回答

実は、同じ症状だ同僚のお客様が複数確認できました。

結論から言うと温度差による内部に発生した結露が原因である可能性が高いと思われます

 

以上の事から

何も対策せずお風呂や水回りでアイフォンの使用は絶対にしないでください!

 


 

iPhone7編 番外編

images

iPhone7に防水機能が付加されているから安心と思っている方!!

『絶対に過信してはいけません」

iPhone7は防水の機能はかなり低いレベルの表示です(生活防水機能よりも低い)

国際規格上の表示は(IP67)『浸水1Mで30分水に浸けても問題ない」というレベル

防水スマホではありません!!

images-7

アイフォン7には耐水性能と防沫性能が備わったのです

もう一度繰り返しますが

アイフォン7は防水機能はありません!表現としては耐水ですね

それでも、従来品のiPhoneシリーズに比べると耐水機能は優れています

水が原因での故障には一切保証されませんので気をつけましょう


 

最後までお付き合いありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

iPhoneの修理に関するご質問は、お気軽にお問い合わせください。

0120-811-400

営業時間外対応可

記事をシェアする!

関連記事